めざましイマドキガールの今野鮎莉 初ビキニに「ワクワク」

[ 2014年4月29日 13:56 ]

初の写真集「AYURI」発売記念イベントを行った今野鮎莉

 フジテレビ「めざましテレビ」にイマドキガールとして出演中の今野鮎莉(17)が29日、東京・福家書店新宿サブナード店で初の写真集「AYURI」の発売記念イベントを行った。

 2月中旬に信州上田、嬬恋高原で撮影。「去年の自分とは全く違う17歳になった自分がいっぱい詰まっているんじゃないかなと思う。露天風呂のシーンもあるんですけど、本当に極寒。大変だったことも含めて撮影はすごく楽しかった。1年間いろんな経験をしてきて、凛とした表情とか、子供っぽい明る表情とか、いろいろんが表情ができるようになった。成長ぶりが伝わるかな」と仕上がりに自信をみせた。

 初めての水着ショットも披露。「プライベートでビキニを着たことがなかったので、恥ずかしいというよりはワクワクしていました」と度胸たっぷり。ドラマデビューとなった昨年放送のテレビ朝日系「獣電戦隊キョウリュウジャー」の共演者にも写真中を見せたといい、「水着になっていたりするので、1年間、妹のようにやってくれていたで恥ずかしいって言われました」。

 鮎莉という個性的な名前が印象的だが、「父親が魚の鮎が好きだったという単純な感じなんですけど、珍しいので覚えてもらえる。ただ、鮎はあんまり好きじゃないんです。まだ子供なのかな、ちょっと苦いので、苦手。(共食い意識も)あるのかも」と本音をポロリ。

 高校3年生になった今野は高校生活もあと1年。「仕事と勉強の両立をしっかりして、今できることを一生懸命やりたい。修学旅行とかで青春したい。デートは…いつかしてみたいけど、まだ早いですね」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年4月29日のニュース