江角マキコ、ビッグダディに「迷惑」 西川史子は「悪寒走った」

[ 2014年4月7日 21:19 ]

「ビッグダディ」こと林下清志さん (左)と江角マキコ
Photo By スポニチ

 “ビッグダディ”こと林下清志氏(48)の夜の顔が暴露された。7日放送のTBSのバラエティー番組「私の何がイケないの?SP」(月曜後7・00~)で明かされた、岩手から上京した際の東京での生活ぶりは驚くべきものだった。

 夜にはツイッターで呼びかけファンと飲み会。その後は対談で知り合ったというムード歌謡歌手の鼠先輩のお店で、女の子と下ネタで盛り上がった。

 タレントの西川史子(43)からは「悪寒が走った。芸能人気取りなのがカンに障った」などと顔をしかめられ、タレントの千秋(42)には「有名人になったからって浮かれてる」と批判の声が。ただ、林下氏は全く動じることなく「まったくその通りですよ」。「いいとも」の後番組「バイキング」でも共演する女優の江角マキコ(47)から「だったらテレビのお仕事をされないで、整体院のお仕事をされてた方がいいと思いますよ。テレビに出ることは影響力があることを理解された方がいい」とクギを刺された。

 さらに衝撃的だったのは午前3時。「グ~、グ~」。公園のコンクリートの地面の上に寝そべって野宿する姿が…。

 「東京に出てくると2回に1回は野宿。ホテルとってもらったりするんですけど大好きなんですよ」と悪びれることなく打ち明けた林下氏に、すかさず江角は「迷惑ですよ」と声を荒げた。

 それでも「5時間も6時間も寝るときはこういうところでは寝てないので。2時間とか」

 あくまでわが道を行くビッグダディだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年4月7日のニュース