遺作で共演…松下由樹、蟹江さんをしのぶ「感謝の気持ちでいっぱい」

[ 2014年4月7日 08:44 ]

松下由樹

 女優の松下由樹(45)が7日、テレビ朝日の情報番組「モーニングバード!」(月~金曜前8・00)にVTR出演し、先月30日に胃がんのため亡くなった俳優・蟹江敬三さん(享年69)をしのんだ。

 松下は、蟹江さんの“遺作”となった同局の2時間ドラマ「おとり捜査官」(5日放送)で主人公である警視庁捜査一課の刑事・北見役。蟹江さんは北見を支えるベテラン刑事・袴田俊郎役を演じた。2人のコンビで事件を解決する作品は今回が18回目となる人気シリーズでもあった。

 “相棒”を失った松下は「(蟹江さんの死を)信じられなかったですね。受け止められない。現実に、どう受け止めていいいのかというのもありましたし…いなくなるというのは想像できなかった」と心境を明かし、「感謝の気持ちでいっぱいです」と故人をしのんだ。

 5日放送分の撮影が行われたのは昨年12月。「体調の変化とか具合が悪いとか、そういう話は出てなかったですし、みなさん、そんなことは思わず撮影していた」と振り返った。

 蟹江さんの“遺作”となった「土曜ワイド劇場・おとり捜査官北見志穂」の視聴率は12・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年4月7日のニュース