安達祐実 オールヌード初挑戦!「勝負作」20年ぶり映画主演

[ 2014年3月1日 05:31 ]

20年ぶりの主演映画で大胆オールヌードに。花魁を演じる安達祐実

 女優の安達祐実(32)が20年ぶりに映画に主演する。今秋公開の「花宵道中」(監督豊島圭介)で、吉原の花魁(おいらん)を演じる。大胆な濡れ場もあり、初のオールヌードに挑戦。デビュー30年を迎え「演技をするのに服を着ていようと着ていまいと関係ない」と“裸一貫”で新境地を開く覚悟だ。

 物語の舞台は江戸末期の新吉原。安達演じる人気女郎と恋仲になった青年との悲恋を描く。

 原作は「女による女のためのR―18文学賞」で大賞を受賞した宮木あや子氏の同名小説。映画はR―18指定で、安達は相手役の若手イケメン俳優淵上泰史(29)らと濃厚な絡みに挑戦。デビュー30年で初めて全裸で演技し、美しく整ったバストもあらわにしている。

 主演映画は、94年公開の「家なき子」以来20年ぶり。子役の大スターから、お笑いコンビ「スピードワゴン」井戸田潤(41)との結婚、長女出産、離婚――とさまざまな人生経験を重ね、今年が30周年の節目。

 「女優として新たなキャリアをスタートさせるための勝負作を撮りたい」という本人、スタッフの強い思いが、文字通りの“体当たりの艶技”を生んだ。

 撮影は昨年12月。大胆な濡れ場のオファーが届いた際「演技をするのに服を着ていようと着ていまいと関係ない」と快諾。昨年発売されたセミヌード写真集で、透けた衣装からバストトップをのぞかせていたが、今回は一糸まとわぬ姿での熱演となった。

 安達は「原作の世界観をどう表現するかは総合力だと思うので、私はただ役の心や思いに集中して演じるようにした」という。当たり役となった日本テレビのドラマ「家なき子」から約20年。この映画が「大人になってからの代表作になれば」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月1日のニュース