水族館と、花と…エビちゃん「10年前より、今の私が好き」

[ 2014年2月26日 07:03 ]

花で飾られた「すみだ水族館」でのイベントに登場した蛯原友里

 モデルの蛯原友里(34)が25日、東京スカイツリータウン「すみだ水族館」で行われた資生堂「ベネフィーク」新スキンケア発表会に出席した。

 化粧品専門店専用ブランド「ベネフィーク」は今春リニューアル。肌温度に着目した「℃(ドシー)美容」を採用した新発想のスキンケア6品目14品種を5月21日に発売する。

 4年前からブランドの広告モデルを務める蛯原は「ベネフィークをイメージした」というレースのワンピース姿で登場。「10年前より、今の私が好きになる」がコンセプトの新スキンケアについて「最高ですね。改革が起こると思ってぜひ体験してほしい」と絶賛した。多忙な日々を過ごしているが「定期的に運動をして、旬のおいしいものを食べる。寝る前にアロマをたいてお風呂に入るなど、一日の終わりにはゆっくりする時間をつくっている」と美貌を保つ秘けつを披露。「ベネフィーク」とともに過ごす現在について「10年前より、今の私が好きになると言えそうです!」と話した。

 この日の会場は水族館。生命に寄り添いながら美しい空間を追求する姿勢が「ベネフィーク」のクリエーティブコンセプト「ビューティ・ビオトープ」と合致することからコラボが実現。水族館が生花で飾られ、ペンギンの鳴き声が響く中でイベントは行われた。企業として「すみだ水族館」を一日貸し切るイベントは初。蛯原も「(動物たちは)普段お花に囲まれることはないので、喜んでくれている気がする」とそのユニークな内容に笑顔を浮かべていた。

 今後は、同水族館6階の女子パウダールームに同ブランドの世界観を再現するなどのコラボイベントが開催される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月26日のニュース