ジャンプ竹内 弟はイケメン俳優「メダルを獲ると信じていた」

[ 2014年2月19日 05:31 ]

兄・竹内択のメダル獲得を喜ぶ竹内寿

 ソチ五輪スキー・ジャンプ団体で、葛西らと銅メダルを獲得した竹内択(26)の弟で俳優の竹内寿(とし、20)も大喜び。都内でショートムービーの撮影の合間に取材に応じ、「テレビで見ていて、メダルを獲った瞬間は叫んでしまいました」と笑顔を見せた。

 4人兄弟で26歳の択は長男、寿は四男。択の影響で幼稚園の時からスキージャンプを始め、09年には全国中学校スキー大会のスペシャルジャンプ部門で4位に入賞。「兄と一緒に五輪に出て団体でメダルを獲る」が目標だった時期もあり、ソチからの映像には「自分も一緒に飛んでいるような気持ちだった」。

 07年「ジュノン・スーパーボーイコンテスト」でグランプリに選ばれ芸能活動を開始。芸能界に進むかスキージャンプを続けるか悩んだ際、択から「行きたいほうに行けばいい」とアドバイスを受け、「五輪でメダルを獲る夢を託した」という。この日の本番前には「竹内兄弟は凄いから大丈夫だよ」とメールを送り、「メダルを獲ると信じていました」と喜びをかみしめた。

 択は競技後、難病「チャーグ・ストラウス症候群」を患っていることを公表。入院中も弱音を吐くことはなく、五輪出場が決まった直後には筋トレをしている写真がメールで届いたといい、「五輪にも出られて、体にも影響していないようで安心しました」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年2月19日のニュース