うっちー処女小説サイン会 メンバーは印税で焼き肉おねだり

[ 2014年2月4日 05:50 ]

処女小説をアピールしたAKB48の内田眞由美

 AKB48の内田眞由美(20)が3日、東京・福家書店新宿サブナード店で処女小説「言えない恋心」発売を記念したサイン会を行った。

 メンバー初の小説家デビューを果たし「AKB初という言葉がつくのが誇り。ファンからも先生と呼ばれうれしい」と感謝。恋愛禁止のメンバーが書いた恋愛小説だけに、秋元康氏(55)も最初は驚いていたそうだが「内田にしかできないこと」と応援してくれているという。

 メンバー内では印税の話題で盛り上がっており「(高級焼き肉店の)叙々苑おごって、と言われる」と苦笑いだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年2月4日のニュース