永井一郎さん葬儀 波平さんに感謝「ばっかも~ん!」出棺

[ 2014年2月4日 05:30 ]

永井一郎さんの告別式で、出棺の際に波平のセリフ「ばかも~ん」と叫ぶ(左から)喪主の永井彩子さん、弟夫妻の二郎さんと文子さん

 人気アニメ「サザエさん」(フジテレビ系、日曜後6・30)の波平の声で知られ、虚血性心疾患のため1月27日に82歳で亡くなった声優の永井一郎(ながい・いちろう)さんの葬儀・告別式が3日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。

 出棺の際、参列者700人とファン160人が「ばっかも~ん!」と叫んだ。永井さんの弟二郎さん(75)が「(サザエさんで)口癖のように言っていたセリフで送ってやりたい」と提案したため。波平は、頑固だが優しく温かい一家の主。お別れの言葉としては異例だが、厳しさの一方で愛情あふれる「ばっかも~ん」は、波平と永井さんを象徴する名セリフだった。参列者らは「ばっかも~ん」に感謝と愛情を込め、別れを惜しんだ。

 サザエ役の加藤みどり(74)とカツオ役の冨永みーな(47)は“磯野家の子供”としてお別れの言葉を読んだ。冨永は「父さん、大好きです。もっといっぱい一緒にお風呂に入りたかった。もっと叱られたかった」。加藤は「お酒に合う料理を作り“これはうまい”と褒められたかった」と涙を流した。アニメ「YAWARA!」の原作者・浦沢直樹氏も弔辞を読んだ。永井さんは同作で、主人公の祖父猪熊滋悟郎役を演じている。

 フジテレビによると、波平役の後任声優は現在検討中。永井さんの声で最後の放送日となる9日以降に発表される。1月30日の収録(今月16日放送分)では、他の声優が波平の声を担当した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年2月4日のニュース