二階堂ふみ 爆弾魔、ゴスロリ…「イメージ壊していきたい」

[ 2014年1月23日 05:30 ]

<ブルーリボン賞>助演女優賞を受賞した二階堂ふみ

第56回ブルーリボン賞 助演女優賞

 助演女優賞は二階堂ふみ(19)が受賞。「脳男」で爆弾魔、「地獄でなぜ悪い」でやくざの娘、「四十九日のレシピ」でゴスロリ少女を演じた。過激な役が多かったため、写真撮影などで「カメラをにらんでと言われることもある」と苦笑いを浮かべた。

 「当たり前の生活、何げない日常が大切。スーパーの特売日に並んだり、漬物を作ったりもしますよ」と素顔はとても自然体で、それがまた魅力だ。

 「イメージは壊していきたい。同じ人だと思わなかったと言われるとうれしい」とニッコリ。普段の現場も、毎回違う人間として携わりたいほどだという。9月で20歳になる。大人の女性に変わっていく姿を見るのも楽しみだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年1月23日のニュース