在阪各局 たかじんさん冠番組で追悼 「…NOマネー」は急きょ生放送

[ 2014年1月9日 16:02 ]

 関西の放送各局は、歌手でタレントのやしきたかじんさん(享年64)の訃報を受けて追悼番組の放送などを発表した。

 関西テレビは11日の「たかじん胸いっぱい」(土曜正午)を「じんちゃん、やっぱ好きやねんSP」と題し、大平サブロー(57)らが思い出を語る内容で放送する。テレビ大阪も同日の「たかじんNOマネー」(土曜後1・00)を生放送に切り替える。同番組とは別に、追悼番組も検討中とした。

 読売テレビは12日の「たかじんのそこまで言って委員会」(日曜後1・30)に副委員長の山本浩之(51)に加え、前任の辛坊治郎(57)の出演を発表。今月中に、たかじんさんが過去に出演した「たかじんnoばぁ~」などの映像も交えた追悼番組も放送する。

 また、MBSラジオは8日、追悼特番でたかじんさんの“幻”の楽曲「さよならの言葉」を放送。71年ごろに500枚限定で自費出版されたレコードのB面曲で、A面の「娼婦和子」の歌詞が過激すぎるため即日発売禁止になっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年1月9日のニュース