氷川きよし 新曲初披露、亡き恩師手掛けた「残してくれた宝物」

[ 2013年7月25日 06:00 ]

中野サンプラザでイベントを行った氷川きよし

 演歌歌手の氷川きよし(35)が24日、東京・中野サンプラザで最新曲「しぐれの港」のイベントを行った。

 2万通の応募から抽選で選ばれた2000人を前に、来月28日発売の新曲「満天の瞳(ほし)」を初披露。昨年5月に他界した所属事務所会長の長良じゅんさん(享年74)が2年半前から手掛けていた歌で「会長が残してくれた宝物」と、作品への強い思いを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2013年7月25日のニュース