NMB48 8人じゃんけん本戦へ 山本彩「AKBだけの時代じゃない」

[ 2013年7月5日 06:00 ]

第4回じゃんけん大会のNMB48予備戦を勝ち抜いたメンバー

 AKB48の34枚目シングルを歌うメンバーを決める「第4回じゃんけん大会」(9月18日、東京・日本武道館)への出場権を懸けたNMB48の予備戦が4日、大阪・難波のNMB48劇場であり、先月29日の研究生予備戦を勝ち上がった鵜野みずき(16)森田彩花(18)ら8人が進出した。

 “スーパー研究生”渋谷凪咲(16)は初戦で敗れたものの、鵜野は研究生予備戦から5連勝、NMB最多勝での夢切符に「勝てると思ってなかった」と感涙。鵜野に次ぐ4連勝の森田は「武道館でも勝つ」と下克上を誓った。

 3年連続で初戦敗退となった山本彩(19)は「これからはAKBのメンバーだけがセンターに立つ時代じゃない」とエール。NMBから初のセンター登場を期待した。AKBと兼任の渡辺美優紀(19)と矢倉楓子(16)は予選免除で、計10人が出場する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年7月5日のニュース