幸四郎「万感胸に迫る思い」弁慶役通算1100回達成

[ 2013年4月29日 06:00 ]

 歌舞伎俳優の松本幸四郎(70)が28日、歌舞伎座(東京都中央区)の「こけら落とし四月大歌舞伎」公演千秋楽で、「勧進帳」の弁慶役の上演通算1100回を達成した。

 58年に16歳で初演して以来、47都道府県で弁慶を演じ、08年には奈良・東大寺での公演で上演1000回を記録。新開場の歌舞伎座での節目の上演に、「自分の俳優人生にとって一生忘れることのできないこけら落としの千秋楽となり、万感胸に迫る思い」とし、「(息子の)染五郎、(孫の)金太郎ともども三代で舞台を踏めたことはこの上ない喜びです」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年4月29日のニュース