運命の人まだ現れず…中川翔子「悔しい」 母の恋にヤキモチ?

[ 2013年1月26日 19:06 ]

「中川翔子デビュー10周年記念アーティストブック」発売記念イベントで“ギガントイレブン”のポーズを披露した中川翔子

 タレントの中川翔子(27)が26日、東京・紀伊國屋書店新宿南店で「中川翔子デビュー10周年記念アーティストブック」発売記念イベントを行った。

 昨年は歌手としてベストアルバムをリリースし、初のアジアツアーも敢行。歌手デビュー以降の足跡を完全収録し、「人生一番の核」だという歌手活動が詰まった一冊。タレント、歌手、モンスターブロガー、声優、漫画家と幅広い活動を展開しているが「アニソン歌手です!とこの本のおかげで堂々と言えるかな。これからも死ぬまで、宇宙平和を目指したアニソンシンガーになりたいな」と力を込めた。

 デビュー11年目のことしは3月に映画「ドラゴンボールZ 神と神」でゲスト声優を務めることや、5月に舞浜アンフィシアターでバースデーライブを開催することが決定している。「全大陸、宇宙で歌いたい」との夢のために貯金を開始し、中野ブロードウェイで猫カフェをオープンする夢のために土地を探している。「去年以上のミラクルを起こす年にしたいな」と飛躍を誓った。

 占いでは「14年に結婚、16年に出産」と言われているが、まだ浮いた話はない様子。「母の方が恋をしてるみたいです。悔しいです。本当に頑張ります」と嘆いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2013年1月26日のニュース