銀シャリ橋本、収録中に骨折全治3週間「コツコツ治します」

[ 2012年11月6日 06:00 ]

関西テレビの番組収録中に肋骨を折るケガをした「銀シャリ」橋本直

 関西テレビは5日、お笑いコンビ「銀シャリ」の橋本直(32)が同局の情報番組「よ~いドン!」(月~金、午前9・55)の収録中に肋骨を折るケガをしたと発表した。入院はしておらず、他の仕事に影響はないという。

 橋本は10月26日、関西の大学相撲部を紹介するロケに参加。稽古相手の部員に投げられた際、右胸を強打した。痛みが引かないことから今月2日に大阪市内の病院で受診し右第7肋骨骨折、全治3週間と診断された。橋本は「骨折だけにコツコツ治します。これからもボーンボーンうまいこと言えるように頑張ります」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年11月6日のニュース