桑名正博さん葬儀 遺影を高く掲げた美勇士 泣きながら父のヒット曲歌う

[ 2012年10月30日 14:24 ]

桑名正博さんの祭壇にはギターを手に穏やかにほほえむ遺影

 26日に59歳で死去した歌手桑名正博さんの葬儀・告別式が30日、大阪市阿倍野区で営まれた。

 桑名さんのステージでギターを弾くなど、親交のあった俳優原田芳雄さん(故人)の長男喧太さん(42)が弔辞を読み、「いつも人のために、約束を必ず守り、しんどいときも動いてくれた」「あちらで大いに酒を飲み、大いに歌ってください」と悼んだ。

 長男の美勇士(31)や妹で歌手の晴子(56)が桑名さんのヒット曲「月のあかり」を歌い、にぎやかなことが好きだった桑名さんらしい葬儀となったが、美勇士が途中で号泣。晴子に支えられながら最後まで歌った。

 出棺の際には美勇士が遺影を高々と掲げ、参列者から拍手が起こった。

 告別式には歌手の谷村新司(63)や上田正樹(63)、もんたよしのりら大阪ゆかりの歌手仲間や関係者が参列した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2012年10月30日のニュース