文化勲章に山田洋次監督 功労者に宮崎駿監督 松本幸四郎

[ 2012年10月30日 11:38 ]

文化勲章受賞が決まった山田洋次監督

 政府は30日、2012年度の文化勲章を映画監督の山田洋次(81)、ノーベル医学生理学賞が決まった幹細胞生物学の山中伸弥(50)ら6氏に贈ることを決めた。

 文化功労者にはアニメ映画の宮崎駿監督(71)、歌舞伎俳優の松本幸四郎(70)ら15人を選んだ。

 山田監督は映画「男はつらいよ」シリーズなど、50年以上にわたり、人情味のある作品を数多く発表。山中氏は人工多能性幹細胞(iPS細胞)作製に成功した。

 宮崎監督はアニメ映画「となりのトトロ」や「もののけ姫」など次々とヒット作を連発。アニメ映画が大人から子供まで広く浸透する役割を果たした。松本は歌舞伎俳優としてだけでなく、幅広い現代演劇にも挑戦。独自の世界を切り開いた。

 文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同5日に東京都内のホテルで開かれる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2012年10月30日のニュース