「宇宙兄弟」韓国の映画祭で最優秀作品賞と観客賞の2冠

[ 2012年7月28日 06:00 ]

 韓国で開催中の第16回プチョン国際ファンタスティック映画祭コンペ部門の審査結果が27日発表され、小栗旬(29)と岡田将生(22)が主演した「宇宙兄弟」が最優秀作品賞と観客賞をダブル受賞した。

 配給の東宝に連絡が入った。森義隆監督(33)は堂々の“金メダル”に「原作となった日本のコミックが非常に強い関心を持って受け入れられていることを実感しました。それだけでも貴重な体験でしたが、さらに賞まで頂きうれしい限りです」と喜びのコメントを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年7月28日のニュース