取り壊し決定 銀座の名画座 来春閉館 秋吉久美子ら同劇場舞台に新作映画

[ 2012年7月20日 09:22 ]

 東京・銀座唯一の名画座として映画ファンに親しまれている映画館「銀座シネパトス」が来年3月末に閉館することが20日、分かった。

 閉館を惜しむ女優の秋吉久美子(57)や香川京子(80)らが同劇場を舞台にした新作映画に出演し、最後の上映作品となることも決まった。

 閉館は、劇場がある三原橋地下街の耐震性の問題で取り壊しが決まり、東京都から立ち退き命令があったためという。

 銀座シネパトスは1967年から翌年にかけ、銀座の中心部に近い三原橋地下街に「銀座地球座」「銀座名画座」としてオープン。2009年からは、3スクリーンのうち1スクリーンを邦画専門の名画座とし、日本を代表する巨匠や名優の作品を特集上映するとともに、出演俳優のトークショーも開催してきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2012年7月20日のニュース