バスケの神様が応援ボール TUBE前田が被災地へ届ける

[ 2012年7月17日 18:09 ]

 東日本大震災の被災地の復興支援活動を続けている「TUBE」の前田亘輝(47)が17日、親交のある米NBAの元スター選手、マイケル・ジョーダン氏(49)から託されたメッセージ入りのバスケットボールを宮城県バスケットボール協会(仙台市)に届けた。

 被災地の子どもたちにサインボールをプレゼントしてほしいとの前田の依頼をジョーダン氏が快諾。ボールには英語で「東北の子どもたちへ、応援しているよ」とのメッセージとサインが書かれている。

 この日仙台市役所で開かれた贈呈式で、代表してボールを受け取ったバスケットボールの強豪校、聖和学園高校(仙台市)3年の安達すみれさん(17)は「神様のようなジョーダン選手のサインボールをもらえてうれしい。励みになった」と笑顔で話した。

 協会は今後、県内で行われる大会などでボールを展示する予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年7月17日のニュース