AKB 研究生から6人が昇格 小林茉里奈「本当は悔しかった」

[ 2012年6月24日 16:03 ]

AKB48全国握手会で、研究生から昇格したことが発表された6人。(前列左から)伊豆田莉奈、藤田奈那、小林茉里奈、小嶋菜月、名取稚菜、森川彩香。中列左からは“先輩”の柏木由紀、高橋みなみ、前田敦子、大島優子、渡辺麻友、板野友美、河西智美。後列左から篠田麻里子、小嶋陽菜、北原里英、峯岸みなみ、梅田彩佳

 「AKB48」が24日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで行った全国握手会で、研究生6人の昇格を発表した。

 昇格したのは伊豆田莉奈(16)、藤田奈那(15)、小林茉里奈(16)、小嶋菜月(17)、名取稚菜(17)、森川彩香(16)の6人。所属先のチームはまだ未定という。

 10期生の小林は「後輩や同期が昇格していくのをずっと見ていて、おめでとうと思っていたけど、本当はすごい悔しかった」と苦節を振り返り、「今日から新たな一歩として、皆さんに応援して頂けるように頑張っていくのでよろしくお願いします」とあいさつ。先輩の高橋みなみ(21)は、「苦しい時、挫折しそうな時に支えになるのは皆さんの声です。ぜひ一緒に夢を支えてあげて欲しい」と、後輩たちをファンに紹介した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年6月24日のニュース