新藤監督葬儀・告別式…芦田愛菜らお別れ、柄本明が弔辞

[ 2012年6月4日 06:00 ]

新藤兼人監督の告別式で白いカーネーションを献花する芦田愛菜

 老衰のため5月29日に100歳で亡くなった映画監督で脚本家の新藤兼人(しんどう・かねと、本名兼登=かねと)さんの葬儀・告別式が3日、東京都港区の増上寺光摂殿で営まれた。

 山田洋次監督(80)や俳優の柄本明(63)、大杉漣(60)ら約400人が参列。今年2月のブルーリボン賞の授賞式で初対面し「一緒に映画を撮ろうね」と声を掛けられた子役の芦田愛菜(7)も駆け付け、ワンピース型の喪服姿で献花し、遺影に向かい手を合わせていた。

 弔辞を読んだ柄本は遺作「一枚のハガキ」の衣装合わせの際、新藤監督がおならをしたエピソードを披露。「何と素晴らしいことか。人間は生きてると仕事もするけど、おならもする。お疲れさまでした」とその生命力を称えた。

 棺には愛用の原稿用紙や、大事にしていたという妻の故乙羽信子さんが削った鉛筆、100歳の誕生会に贈られた寄せ書きが納められた。天皇、皇后両陛下からのお悔やみが宮内庁を通じて伝えられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年6月4日のニュース