キングオールスター歌謡パレードでペギー葉山ら44人が競演

[ 2012年3月10日 19:52 ]

200年祭スペシャルコンサートを開いたキングレコードの全44人の歌手たち

 キングレコードが創業80周年、山野楽器が創業120周年を迎えたのを記念して10日昼夜2回、東京・五反田のゆうぽうとホールで「キングオールスター歌謡パレード」と題した200年祭スペシャルコンサートが開かれた。

 キングレコードに所属の演歌・歌謡曲系アーティストから青木美保、秋元順子、池田輝郎、市川由紀乃、井上由美子、岩出和也、岩本公水、大月みやこ、大津美子、岡ゆう子、音羽しのぶ、オルリコ、鏡五郎、角川博、北川裕二、北野まち子、香田晋、小金沢昇司、小宮恵子、佐々木新一、さとう宗幸、椎名佐千子、島津悦子、新川二朗、神野美伽、芹洋子、千葉一夫、千葉紘子、永井裕子、中村美律子、夏木綾子、夏木ゆたか、成底ゆう子、西方裕之、新田晃也、原田悠里、藤原浩、ペギー葉山、真木柚布子、三笠優子、三代沙也可、水田竜子、山本あき、パク・ジュニョンの全44人が出演。

 約1800席の会場は、昼夜ともに往年の演歌・歌謡曲ファンで満席の中、夏木ゆたかと小山田里奈が司会を務め、ベテラン歌手・新川二朗の「東京の灯よいつまでも」で幕を開け、キング名曲コーナーでは、青木美保と椎名佐千子の2人が梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」、オルリコと成底ゆう子の2人が、故・岸洋子さんの「夜明けのうた」、池田輝郎と新田晃也の2人が、故・春日八郎さんの「別れの一本杉」、岩本公水が、故・江利チエミさんの「酒場にて」、鏡五郎が、故・三橋美智也さんの「哀愁列車」、キングオリジナルヒット曲コーナーでは、芹洋子が「四季の歌」、さとう宗幸が「青葉城恋唄」、大津美子が「ここに幸あり」、新曲コーナーでは、原田悠里が「明日を信じて」、神野美伽が「黒髪」、中村美律子が「ふたりの朝」、大月みやこが「女の哀愁」などを熱唱。

 その中で大月は「デビューした当時、大先輩のステージのそでで生の声を聴かせていただいたあの思い出がよみがえってきました。今日は、こんな華やかなステージで私たちの歌を皆さんに聴いていただいてとてもとても幸せ者です」と話していた。

 トリは、ベテラン歌手・ペギー葉山(78)が務め、大ヒット曲「南国土佐を後にして」と最新曲「夜明けのメロディー」を歌い、「私たちキングレコードのファミリーがこんなに集まりまして、こんなにたくさんの素晴らしい歌を歌い続け、またこれからも歌い継いでまいります。歌は人々を元気にいたします。皆さんも今日は私たちの歌からまた新しい元気をいただいたと思います。これからも元気で楽しく前を見て一生懸命歩いて行きましょう」とあいさつ。

 ファイナルは出演者全員が勢ぞろいして故・岡晴夫さんの名曲「憧れのハワイ航路」を歌い、約3時間半にわたって全72曲のプログラムで最後まで満員の客席を楽しませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年3月10日のニュース