「特捜最前線」の二谷英明さんが死去

[ 2012年1月8日 06:00 ]

肺炎のため81歳で死去した俳優の二谷英明さん

 テレビドラマ「特捜最前線」などで知られる俳優の二谷英明(にたに・ひであき)さんが7日午後4時58分、肺炎のため入院先の東京都新宿区の慶応病院で死去した。

 81歳だった。京都府舞鶴市出身。56年に第3期ニューフェイスとして小林旭らと日活入り。インテリ二枚目スターの代表格として活躍。渋い演技で長年人気を博した。

 二谷さんは昨年12月26日に慶応病院に検査入院。その後、肺炎を患っていた。この日午後2時すぎに容体が急変。妻で女優の白川由美(75)や、一人娘で元女優の二谷友里恵さん(47)と夫の平田修トライグループ会長、孫にみとられ息を引き取った。

 最近は大好きな読書に熱中する日々。体調は安定していたといい、この日も家族はいつも通り見舞いで訪れていた。

◇二谷英明さん葬儀日程
【通夜】10日(火)午後6時
【葬儀・告別式】11日(水) 午前11時
【場所】増上寺光摂殿=東京都港区芝公園4の7の35=(電)03(3432)1431
【喪主】妻白川由美(しらかわ・ゆみ)=本名二谷安基子(にたに・あきこ)=さん

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2012年1月8日のニュース