AKB劇場で6周年公演!1年ぶり主要メンバー一堂に

[ 2011年12月9日 06:00 ]

 東京・秋葉原のAKB48劇場で8日夜、6周年特別記念公演が行われ、チームA、K、B、4、研究生の計75人が出演した。主要メンバーがそろった劇場公演は1年ぶり。

 前田、大島ら各チームの主要メンバーが劇場で一堂に会したのは昨年の5周年公演以来。定員250人で、入場希望者のチケット当選倍率は173倍。スタート当初は7人しか入らなかった会場が興奮に包まれた。

 篠田麻里子(25)ら、じゃんけん選抜を中心とするメンバーでスタート。前日7日に発売された「上からマリコ」はこの日で売り上げが103万8547枚に達した。篠田は「まさか6周年の一発目が“上からマリコ”だと思わなくて緊張した」とあいさつ。前田が「来年は7周年。ここにいるみんなに大きくなってほしい」と“上から目線”で話すと、高橋みなみが「おつぼねだね」と突っ込み、笑いを誘う場面も。約2時間、計11曲を披露し、最後は91人全員のハイタッチで観客を見送った。

 この日までの劇場観客動員数は計69万6085人。100万人目の入場者に「一生涯フリーパスチケット」が贈られる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年12月9日のニュース