“芸能人”内藤大助 初仕事で不安「お仕事がなければニート」

[ 2011年11月15日 14:07 ]

「全日本あか毛和牛協会」記者発表会に登場した藤本美貴(左)と内藤大助
Photo By スポニチ

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者でタレントの内藤大助(37)が15日、都内ホテルで行われた「全日本あか毛和牛協会」記者発表会にタレントの藤本美貴(26)とともにゲストで登場した。13日に正式に現役引退を表明した内藤はこの日が引退表明後、初めての公の場。

 司会者からタレントとしての初仕事と紹介されると、「やだ、ほんと?芸能人じゃないよ。芸能人って言われると照れる」と照れ笑いを浮かべた内藤。「先日、ボクシングを引退しまして、第2の人生を歩んでいこうと思っています。事務所には所属しているんですけど、仕事があれば仕事をしたいなと…。お仕事がなければニートなんだよね。お仕事がなかったら…本当にどうしようと悩んでいるところ」と意外にも不安な胸中を明かした。

 引退を決意したことについては「年齢もありますし、モチベーションやいろいろなことが重なって、一番大きなことは気持ちが途切れた感じ」と話した。とはいえ、「見られるのは緊張する、慣れないね。でも、今のほうが(現役の時よりは)気が楽」と本音もポロリ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年11月15日のニュース