28人で始動!JKT48、来春劇場デビュー

[ 2011年11月3日 06:00 ]

JKT48第1期生に決まった28人と秋元康氏(中央)

 AKB48の姉妹グループとして初めて海外に誕生する「JKT48」の第1期生オーディション最終審査が2日、拠点となるインドネシアの首都ジャカルタ市内で開かれ、第1期生28人が発表された。合格者には在留邦人の野沢玲奈さん(13)も含まれた。

 審査会場となった市中心部の高級ホテル「グランドハイアットジャカルタ」に2次審査を通過した現地在住の13~20歳の51人が集まった。総合プロデューサーの秋元康氏が厳しい目で見つめる中、ダンスと歌唱、面接審査に挑んだ。選曲は自由で、現地のヒット曲や欧米の曲、AKB48の曲などさまざま。現地大手メディア関係者ら審査員15人が選考した。

 秋元氏は会見で「(日本とは)文化、言葉、習慣、国民性などいろんな違いがあるが、きょうオーディションして必ず成功すると確信した」と強調。シンガポールやタイでも姉妹グループを結成する意向を明かした。

 今後レッスンを積み、28人の中から16人を選び「チームJ」を結成する予定。活動拠点となる専用劇場は現在準備中で、来年4月完成。劇場デビューは来年春の予定。

 来月には現地でお披露目会を開催。来日しての活動予定はないが、関係者は「活躍次第では日本でイベントを行うことも考えられる」と話した。

 現地の運営事務局は8月、フェイスブックやツイッターでオーディションを告知。応募総数は非公表だが、応募や問い合わせは計約1200件あった。

 また、海外2番目の姉妹グループで台湾の台北市を拠点とする「TPE48」は来年初頭にメンバーのオーディションを開始。来年夏にもデビューする予定だ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年11月3日のニュース