売れなきゃ引退?プリティ長嶋 超体感&エコの野球盤をPR

[ 2011年7月31日 16:03 ]

「超体感スタジアム」で対決するリトル清原とプリティ長嶋

 タレントのプリティ長嶋(56)とリトル清原(39)が31日、東京・サンストリート亀戸で行われたタカラトミーの新商品「超体感スタジアム」発売記念イベントに登場した。

 従来の野球盤を進化させたもので、バットをスイングした時の空気圧をチューブを通して送り、盤上のフィギュアに連動させるリアル感が特徴。それぞれの得意のものまねに続いて、プリティが投手、リトルが打者で対決。台本通りにリトルが場外ホーマーを放って、客席を沸かせた。

 元巨人監督の長嶋茂雄氏のものまねで知られるプリティは市川市議を経て、現在は千葉県議。「10年ぶりにこういう仕事をやらせてもらっています。ですから、これが売れないと“引退”を決意しなければなりません」と懸命にアピール。電気も電池も不要とあって、「エコです。節電にジャストミートな商品です。コードがない!」とアピールすると、リトルは反論するかのように?バットからの“コード”を指摘。プリティは「それはチューブ」と重ねて強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年7月31日のニュース