谷村新司 「神々の国しまね」公式メッセージソングを制作

[ 2011年7月28日 12:09 ]

 来年が古事記編さんから1300年にあたることから島根県が計画を進めている記念イベント「神々の国しまね」で、歌手の谷村新司(62)が公式メッセージソングを制作することが決まり、谷村が28日、県庁で記者会見し発表した。

 谷村が昨年5月にコンサートで島根を訪れた際、溝口善兵衛知事が要請して実現。会見で谷村は「日本中の人が島根を旅したくなり、何かに出合えるような予感がする作品を作りたい」と抱負を語った。

 「神々の国しまね」では、来年7月から出雲大社(出雲市)周辺で始まる「神話博しまね」をメーンに、県内各地で関連行事が予定されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2011年7月28日のニュース