「沖縄国際映画祭」開幕、入場料一部寄付へ

[ 2011年3月19日 06:00 ]

沖縄国際映画祭で舞台あいさつした品川ヒロシ監督(右)と大悟

 吉本興業などが主催する「第3回沖縄国際映画祭」が18日、開幕した。

 会場には、東日本大震災の被災者へ向けた義援金の募金箱ステーションやメッセージボードを設置。作品は22~27日の本開催に先駆け、最初のカウントダウンイベントとして宜野湾市民会館で映画「漫才ギャング」が上映された。

 品川ヒロシ監督(38)が同作に出演したお笑いコンビ「千鳥」の大悟(30)とともに会見に登場。「今は義援金を送るのが僕らにできること」と、今回の入場料の一部などを寄付することを明言。「現地に行っても迷惑じゃない時期が来たら、被災地にこの映画を持って行って無料上映したい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2011年3月19日のニュース