小向美奈子 処分保留のまま釈放…不起訴処分が濃厚

[ 2011年3月19日 06:00 ]

 覚せい剤取締法違反(譲り受け)の疑いで警視庁に逮捕されていたタレントの小向美奈子容疑者(25)が18日、処分保留のまま拘留先の武蔵野署から釈放された。現時点で起訴するに足りる証拠がなく、不起訴処分(嫌疑不十分)になるとみられる。

 谷間がクッキリ見える白いシャツに紺のスーツ姿で武蔵野署を出た小向は、報道陣に「このたびはご迷惑をおかけしまして申し訳ごさいませんでした」と頭を下げ、迎えの車に乗り込んだ。

 昨年5月14日に東京都品川区のホテルの一室で、イラン人の売人の指示を受けた日本人から覚せい剤約0・9グラムを4万円で購入した疑いで、今年2月25日にフィリピンから帰国した際、成田空港内で逮捕された。調べに逮捕容疑を否認していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2011年3月19日のニュース