“親日家”ストーンズが日本語メッセージ

[ 2011年3月19日 06:00 ]

東日本大震災

 英ロックバンド「ローリング・ストーンズ」が17日、東日本大震災の被災者に向けた激励メッセージを出した。

 英国の公式ホームページに、あえて日本語で掲載。「悲惨で大変な時、私達、ローリングストーンズは日本の沢山(たくさん)の友達、ファンに心から同情しています。命を落とす事や破壊されているとこを見るのは心が痛みます」と弔意を示した。その上で「日本人の強い意志と団結力がこの悲惨な状況に打ち勝つことになるようお祈りしています」と激励した。

 90年に初の来日公演が実現して以降、計5度の日本ツアーを行っている。ボーカルのミック・ジャガー(67)はステージ上で「門限、何時?」と日本語で観客に呼び掛けるなど親日家で知られる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2011年3月19日のニュース