AKB48の撮影券売るとウソ 詐欺容疑で高校生逮捕

[ 2011年2月16日 12:40 ]

 人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーと一緒に写真撮影ができる「ツーショット券」を譲ると持ち掛けて代金をだまし取ったとして、警視庁少年事件課は16日、詐欺の疑いで埼玉県の高校2年の男子生徒(17)を逮捕した。

 同課によると、男子生徒はインターネット上で複数の人に取引を持ち掛け、これまでに合わせて三十数万円をだまし取っていたとみている。

 ツーショット券は生写真セットやCDの特典として同封されることもあり、券があればコンサート後にメンバーと2人でインスタント写真を撮影できる。入手が難しく、ファンの間で約20万円で取引されることもある。

 男子生徒は「ツーショット券は高値で売れると思った」と話し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年11月、交流サイト「ミクシィ」の掲示板で、実際には持っていないツーショット券の譲渡を持ち掛け、応じた東京都内の男性(17)から約5万円をだまし取った疑い。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年2月16日のニュース