入れ込みすぎた中川翔子「何やってるんだろって、すぐ戻しました」

[ 2011年2月6日 06:44 ]

「塔の上のラプンツェル」(3月12日公開)の日本語吹き替え版の完成披露試写会で舞台あいさつした中川翔子

 タレントの中川翔子(25)が5日、大阪市内であった映画「塔の上のラプンツェル」(3月12日公開)の日本語吹き替え版の完成披露試写会で舞台あいさつした

 塔の上に閉じ込められていた金髪の少女が新たな世界へ旅立つ物語。ヒロイン役の声優を務めた中川は役をイメージするため金髪にしたが「自宅で1人で染めるなんて高校生みたいで…何やってるんだろって、すぐ黒髪に戻しました」と苦笑い。

 劇中でさまざまな出会いを体験する役柄を演じ「肉食系でガツガツ来る、それでいて自分をイケメンと分かっている人に迫られたら、ちゃんと目を見て答えたい」と自身の新たな出会いにも期待していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年2月6日のニュース