「アメトーーク!」“ポテトサラダ芸人”で高視聴率

[ 2010年4月2日 13:13 ]

 1日に放送されたテレビ朝日系のトーク番組「アメトーーク!」(後11・15)が、14・1%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)の高視聴率をマーク。前4週平均12・8%でも1・3ポイント上回った。

 司会はお笑いコンビの「雨上がり決死隊」。この日は、ピン芸人のケンドーコバヤシ(37)、宮川大輔(37)、「バナナマン」日村勇紀(37)、「バッファロー吾郎」木村明浩(39)ら6人の“ポテトサラダ芸人”が集結。スタジオにじゃがいも600個分のポテトサラダが登場するなど、大盛り上がりを見せた。

 ケンコバは東京進出した際にあった日村との“深イイ話”を披露。また、木村は離婚し意気消沈していた時、ケンコバに連れられて行った店で食べた絶品ポテトサラダが“ポテトサラダ芸人”となるきっかけだったことを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2010年4月2日のニュース