オードリー春日が感染…24時間TVにも出演

[ 2009年9月3日 06:00 ]

インフルエンザA型に感染した「オードリー」の春日俊彰

 人気お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰(30)がインフルエンザA型に感染したと2日、所属事務所が明らかにした。

 医師の指示により、当面は仕事をキャンセル。事務所は「完治するまで外出せずに療養させる」としている。春日は現在、都内の自宅で安静にしているという。3日以降の決まっている仕事は、相方の若林正恭(30)が1人で出演する。インフルエンザが新型かどうかは不明。
 2人はこの日、都内でテレビ番組の収録に参加。夕方、春日が体調不良を訴え病院で検査。熱は38・3度で、インフルエンザと判明した。若林は体調に問題がないという。
 2人は8月29、30日に放送された日本テレビ「24時間テレビ32 愛は地球を救う」に出演。同番組のメーンパーソナリティーだった人気グループ「NEWS」の山下智久(24)と錦戸亮(24)もインフルエンザA型に感染。2人は番組放送中からつらそうな表情を見せ、錦戸は番組を中座し病院で検査。インフルエンザ検査で陰性との結果が出たため、点滴を受けて番組に戻った。春日は「NEWS」の2人とスタジオで同席していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2009年9月3日のニュース