×

10歳少年がロッテ入団 TEAMMATES事業で井口監督も「いい助っ人になる

[ 2022年6月11日 13:15 ]

ロッテ・井口監督
Photo By スポニチ


 ロッテは11日、TEAMMATES事業として急性リンパ性白血病で長期療養中の宇都宮幹汰くん(10)の入団を発表した。背番号は10。宇都宮くんは「選手のみんなと仲良くなって、自分が頑張って応援することで、選手の皆さんにやる気や元気を与えられるようなTEAMMATESになりたい」と豊富を明かした。

 入団会見に同席した井口資仁監督(47)は「昨日のオスナに続いて新たな助っ人、かんた君です」と紹介し、記者からの質問にはきはき答える様子に「頼もしい。うちの選手より受け答えがしっかりしている。いい助っ人になる」と目を細めていた。

 「TEAMMATES」は特定非営利活動法人Being ALIVE Japanが運営する事業で、長期治療を必要とするこどもの自立支援とコミュニティの創出を支援するものであり、プロ野球での実施は初めて。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月11日のニュース