セCS第4戦の予告先発投手発表 巨人はプロ10年目で初先発となる高木京介 ヤクルトはエース小川泰弘

[ 2021年11月12日 17:42 ]

巨人の高木京介
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は12日、セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦(13日、神宮)で予告先発する投手を発表した。

 優勝チームのヤクルトはレギュラーシーズンでチーム最多タイの9勝を挙げているエースの小川泰弘投手(31)。一方、3位・巨人は左腕の高木京介(32)がプロ10年目で初の先発マウンドに上がる。

 なお、ヤクルトが第2戦までに2連勝し、優勝チームに与えられるアドバンテージ1勝を含めて3勝0敗としているため、12日の第3戦に勝つか引き分けで日本シリーズ出場が決定。その場合は第4戦は行われない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月12日のニュース