阪神・高橋に異変 準完全試合目前でトレーナーに付き添われ、そのまま交代

[ 2021年10月21日 20:44 ]

セ・リーグ   阪神6-1中日 ( 2021年10月21日    甲子園 )

<神・中24> 9回、高橋(右)がアクシデントでベンチに退き、矢野監督(中)は渋い表情(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・高橋が9回の投球練習の際に異変を訴え、交代した。この回まで中日打線を1安打無失点に抑えていたが、まさかの形での降板となった。

 2回1死から高橋周に中前打を打たれた以外は完璧に抑えていた。準完全試合を目前にして、まさかのアクシデントで降板となった。

 9回は2番手の小川が代打・石岡を空振り三振。A・マルティネスを右飛を仕留めて、2死を奪ったが、代打・三ツ俣、根尾に連続四球を与え、岡林に左前適時打を許して、零封リレーも消滅。それでも最後は堂上を二飛に退けた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月21日のニュース