オリ 痛い逆転負けでロッテと2・5差 さらに痛い紅林の死球退場 中嶋監督「点が取れなかった」

[ 2021年10月10日 18:21 ]

パ・リーグ   オリックス1ー3ソフトバンク ( 2021年10月10日    ペイペイD )

<ソ・オ(25)>6回2死、空振り三振に倒れるオリックス・杉本(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックスは逆転負けで連勝は2で止まり、2位・ロッテと2・5ゲーム差となった。

 初回に杉本の左前適時打で先制したが、先発の竹安が2被弾を許すなど4回3失点で今季初黒星。アクシデントにも見舞われた。8回には成長株の紅林が左手首付近に死球を受けて負傷交代。これで1死満塁としたが、杉本が三ゴロ、T―岡田が空振り三振に倒れ、反撃は及ばなかった。

 中嶋監督は「(敗因は)そのままでしょう。点が取れなかった」と振り返り、紅林については「そう(心配)ですね」と言葉少なだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月10日のニュース