昨年の最優秀中継ぎ左腕が「炎上」 中日2番手・福は連打を浴びて、1回持たず降板

[ 2021年2月27日 14:09 ]

練習試合 中日ー阪神 ( 2021年2月27日    北谷球場 )

<中・神>3回無死、中日・福は佐藤輝に遊撃内野安打を許す(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 昨季の最優秀中継ぎ左腕、中日・福は1回持たずに降板した。

 3回から2番手で登板すると、先頭・佐藤輝を失策で出塁させ、1死三塁からマルテの左前適時打で失点。続く高山にも左前打を浴びたところでマウンドを降りた。

 佐藤輝に10球、マルテに17球を要するなど、ファウルで粘られる場面が目立ち、球数が36球とかさんだことが要因とみられる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月27日のニュース