沢村と香月 年俸差1億4750万円の“格差トレード” 巨人は過去にも…

[ 2020年9月7日 15:12 ]

巨人の沢村とロッテの香月
Photo By スポニチ

 巨人の沢村拓一投手(32)とロッテの香月一也内野手(24)のトレードが両球団で合意に達した。沢村は10年ドラフト1位で入団し、11年には11勝を挙げ、新人王を獲得。16年には37セーブでセーブ王にも輝いた。今季の年俸は沢村が1億5400万円に対して、香月は650万円。「格差トレード」となった。

 巨人は6月末にも楽天と格差トレードを行った。年俸1450万円の左腕・池田を交換要員に年俸2億円のウィーラーを獲得。ウィーラーはすでに8本塁打を放つ活躍を見せている。

 過去にも格差トレードがあった。06年オフには年俸2億8000万円のオリックス・谷と鴨志田(890万円)、長田(720万円)がトレード。11年6月末にはロッテのつなぎの4番として活躍していたサブロー(1億3000万円)と工藤(2000万円)の交換トレードが成立した。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月7日のニュース