原巨人、連勝ストップ…中島スクイズ処理、重信3ボールから併殺打「紙一重」 

[ 2020年9月5日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―5阪神 ( 2020年9月4日    甲子園 )

<神・巨(11)>2回1死一、三塁、西勇(左)は一塁線にスクイズを決め、一塁手・中島(5番)と交錯してアウトに(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 首位を独走する巨人は「紙一重」のプレーが2つあり、勝敗もまた紙一重だった。5点ビハインドから7、8回に2点ずつ奪ったが、あと1点及ばずに連勝は5で止まった。

 1つ目は2回。原監督が「“一連の流れ”というかね。“非常に(中島と西勇の)距離が短かった”というところ」と振り返ったプレーだ。1点を先制され、なお1死一、三塁の守備。相手先発・西勇のスクイズに、一塁手の中島が猛チャージした。転がった打球を捕球後、一塁線付近で打者走者と交錯し、結果としてタッチアウトとなったがバランスを崩した。本塁への送球が遅れ、2点目を奪われる。守備妨害にも見え、原監督が球審に説明を求めたが、得点は認められた。

 2つ目は打線がつながり始めた7回。2点を返し、なお1死一、三塁の場面だ。代打・重信は3ボールからの4球目、西勇の外角低めにバットを出して投ゴロ併殺に倒れた。元木ヘッドコーチは「思い切っていけ、打てのサイン。一番ゲッツーを取られるところに(打球が)行ったけど、紙一重だから」と言った。

 長打率・414と力もある。俊足がウリで併殺の可能性は極めて低いとの判断だった。実際に4球目はストライク球。原監督も「あそこは待てではないし。本人も打つ気マンマンでいった。結果的にああいう形になった」と信頼は変わらない。

 大雨の影響で新幹線のダイヤが乱れ、東京からの便を変更するなどして臨んだ移動ゲーム。13連戦の4戦目で試合前練習ではフリー打撃を行わず、コンディションを整えた。「しぶとく戦っているのはいい」と原監督。切り替えて次に臨む。(神田 佑)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月5日のニュース