花巻東・女子硬式野球部 先輩エンゼルス・大谷から打撃マシン贈られ感謝

[ 2020年8月27日 05:30 ]

エンゼルスの大谷が母校・花巻東の女子硬式野球部に寄贈したピッチングマシンを三鬼賢常監督がナインに紹介(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷が母校・花巻東の女子硬式野球部に寄贈した打撃マシンのお披露目式が、岩手県の花巻球場で行われた。今年4月に創部した同部に対し、大谷から「何かサポートできることはないですか」と相談があり、部内で話し合って寄贈が実現。打撃マシンはホイール式のため変化球の設定も可能で、高く打ち上げるフライなど守備練習でも活用できる。

 トヨタ自動車東日本の前監督で、大谷の兄・龍太も指導した三鬼賢常監督は「これで実戦に近い練習ができます。大谷選手には感謝しかありません」と語った。練習ですぐに使用し、同じ花巻東OBのマリナーズ・菊池が寄贈した練習球を打ち込んだ。マネジャー1人を含め、部員13人を束ねる河野瑠生主将(2年)は「偉大な先輩で私たちにとって憧れの存在なので凄くうれしい。大谷さんの期待に応えられるように頑張りたい」と話した。(柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月27日のニュース