ソフトB・柳田 150メートル超の驚がく特大弾、京セラD右翼席上の天井直撃

[ 2020年7月18日 19:32 ]

パ・リーグ   ソフトバンクーオリックス ( 2020年7月18日    京セラD )

<オ・ソ>6回2死、柳田は先制の右越えソロ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの柳田が、京セラドームの右翼席上の天井を打球が直撃する驚がくの特大本塁打を放った。推定150メートル超の9号ソロ。0―0の6回2死から田嶋のシュートを強振。もの凄いインパクト音を残した打球が天井を直撃すると、右翼フィールドに落ちてきたが、球場ルールで本塁打認定となった。

 特大団を目の当たりにした球場関係者は「あんな場所に当たったホームランは見たことない」と開いた口がふさがらない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月18日のニュース