西武・辻監督 ファンに苦言、コース教えるような声「問題にしてもらいたい」

[ 2020年7月18日 17:40 ]

パ・リーグ   西武4―3楽天 ( 2020年7月18日    楽天生命 )

<楽・西>山路球審と話す西武・辻監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 18日の楽天4回戦(楽天生命パーク)に4―3で勝利した西武・辻発彦監督が、同球場のファンに苦言を呈した。

 西武の守備時に、バックネット裏から、楽天の打者にコースを教えるようなファンの声が球場に響いたという。指揮官は森捕手にも確認しながら山路球審に相談したという。「(森)友哉や源田が、ファンの声が聞こえるというようなことを言っていた。打者に(コースを教える声が)聞こえるとサイン盗みと一緒だから、こっちも困る」と話し「今後、問題にしてもらいたい」と続けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月18日のニュース