ソフトB・森 三者連続K斬り「3、4、5番だったので丁寧に自分の投球を」

[ 2020年7月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―1日本ハム ( 2020年6月30日    札幌D )

<日・ソ>9回に登板した森(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの守護神・森が圧巻のピッチングだ。同点の9回に登板。4回に適時二塁打を放っている近藤をカットボールで見逃し三振。今季5本塁打の中田、大田もカットボールで空振り三振に斬った。「相手の3、4、5番だったので丁寧に自分の投球を心掛けました。いい投球ができたと思います」。セーブこそつかなかったが、救援陣が痛打されてきた悪い流れは止めた。

 ▼ソフトバンク・嘉弥真(延長10回を無安打無失点。28日まで4試合連続ホールドと安定感抜群)いつも通り投げることができた。先頭打者を出さず0点で抑えられて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月1日のニュース