日本ハム・栗山監督 今季3度目零敗に悔しさ…好投マルティネスを「勝たせてあげたかった」

[ 2020年7月1日 23:00 ]

パ・リーグ   日本ハム0―4ソフトバンク ( 2020年7月1日    札幌ドーム )

ベンチで試合を見る栗山監督(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 日本ハムは打線が4度得点圏に走者を進めながらソフトバンク投手陣を攻略できず、今季3度目の零敗を喫した。栗山監督は好機で決定打が出なかったとの質問に「その通りです」と悔しそうに話した。

 先発のマルティネスは6回3失点(自責2)と粘りの投球。指揮官は「本当にボールは良かった。点の取られ方も打たれている感じではなかった。先発投手が頑張っているので何とか点を取って勝たせてあげたかった。みんなでしっかり点を取っていけるようにします」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月1日のニュース