ロッテドラ5福田光、13打席目でプロ初安打 ベンチの声で気付き…「もっときれいなヒット打ちたかった」

[ 2020年7月1日 22:02 ]

パ・リーグ   楽天―ロッテ ( 2020年7月1日    楽天生命パーク )

4回無死、投手強襲の内野安打を放つ福田光(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト5位・福田光が「3番・三塁」で自身2度目の先発出場し、4回に先頭で投手強襲の内野安打を放った。これがプロ13打席目で記念すべき初安打となった。

 快音を響かせるような打球ではなかった。投手・涌井がはじき、拾い上げてからの一塁送球もワンバウンドだった。福田光も「もっときれいなヒットを打ちたかった」と笑う。ベンチからの「ヒット、ヒット」で安打だと気づいた。これがマーティンの2試合連続となる2ランを呼ぶと、8回にも先頭で右翼線二塁打を放ち、マルチ安打を達成。中村奨の右前打で二塁からも生還し、打って走って、はつらつとしたプレーを見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月1日のニュース