ヤクルト 東京都にマスク5万枚を寄贈 中村悠平「命を守るために最前線で闘っていただいている」

[ 2020年4月30日 14:19 ]

ヤクルトの選手会長・中村悠平
Photo By スポニチ

 ヤクルトは30日、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、医療従事者に使用してもらうため、東京都にマスク5万枚を寄贈することを発表した。5月1日より東京都と連携し、随時配布を始める。

 球団は「都民の皆様の命を守るために、感染の危険と隣り合わせで新型コロナウイルスと闘っている医療従事者の方々に使用していただくため、マスク50,000枚を東京都に寄贈いたします」と報告。「東京都と連携のうえ、明日より随時配布を開始いたします」としている。

 これに伴い、中村悠平選手会長(29)がコメントを発表。「新型コロナウイルスとの闘いに、皆様一人ひとりが大変な思いをされていると思います。そのなかでも、人びとの命を守るために最前線で闘っていただいている医療従事者の皆様方には、心より感謝申し上げます」とし、「微力ではございますが、少しでもお役に立てればとの思いで、寄贈させていただきます。医療関係者の皆様、本当にありがとうございます」と謝意を伝えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月30日のニュース